MIA - 宮城県国際化協会

公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)

〒981-0914
仙台市青葉区堤通雨宮町4-17 宮城県仙台合同庁舎7階 アクセス
TEL 022-275-3796 FAX 022-272-5063
E-mail: mail@mia-miyagi.jp

MIAからのお知らせ

2018年MIA日本語講座講師募集

 本協会が主催するMIA日本語講座では、2018年4月からの授業を担当する講師の募集を行います。ご関心のある方は、ぜひご応募ください。

※応募しめきり:2018年1月15日(月)17:00当協会必着


●募集する講師:MIA日本語講座 初級1または初級2クラス(昼・夜)を担当する
講師、若干名

●MIA日本語講座について:
 本協会が主催するMIA日本語講座は、宮城に暮らす外国人が安全で豊かな生活を自立して送れるよう、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4要素をバランスよく学べるコースを設けています。受講生は日本人の配偶者、留学生・就労者及びその家族などさまざまな立場の方々で出身国も多彩です。非営利組織による地域の日本語教室としては珍しい集中的なコース(初級クラスは週4日×5か月)で、講師は教室指導経験豊かな有資格者で構成されています。教科書を使った座学に留まらず、ボランティアの協力を得て会話の練習を行う「おしゃべりの時間」、日本での生活に欠かせない保健医療・防災などについて学ぶ「ニューカマーのための生活適応支援プログラム」、講師陣による地域日本語教室向けのオリジナル漢字テキスト開発など、先進的な取り組みも実践しています。

●応募資格:
 日本語教育能力検定に合格している方または420時間の日本語教師養成講座を修了している方でクラス形式の教授経験のある方

●委嘱期間:2018年4月1日から2019年3月31日まで(委嘱期間は1年間ですが、更新する場合があります。)

●委嘱条件:
(1)活動日
各授業担当日及び必要に応じた打合せ日
※今年度の日程は以下の通りでした。来年度もほぼ同様の日程となります。
(昼)第1期:2017年4月11日~9月12日、第2期:2017年10月10日~2018年2月8日(予定)
授業時間は火曜日~金曜日の午前10時~12時ですが、講師打合せ(月に一回程度)は平日午後に行います。
(夜)第1期:2017年4月11日~9月19日、第2期:2017年10月10日~2018年3月6日(予定)
授業時間は毎週火曜日の午後6時30分~8時30分ですが、講師打合せ(1期に数回程度)は平日午後に行います。
(2)活動場所
公益財団法人宮城県国際化協会 研修室等
仙台市青葉区堤通雨宮町4-17 宮城県仙台合同庁舎7階
(3)活動内容
当協会日本語講座講師はチーム編成で活動しており、各講師毎週1コマ(2時間)の授業を担当します。コースデザインは主にスーパーバイザーが行い、その指導要領に沿ってチーム内で定期的に打合せをしながら活動を行います。
※委嘱初年度については、隔週での授業をお願いする場合があります。
(4)報酬等
講座開始以降は、本協会の規定に従い講師謝金・交通費を支給します。
①講師謝金 (昼)2,000円/時間  (夜)3,000円/時間 
②交通費 実費
(5)災害補償:
講師の業務又は通勤による災害に対する補償については、団体総合生活補償保険の定めるところによります。

●講師選考方法について
◆応募時に提出するもの(2018年1月15日(月)17:00まで)
《授業の教案》
「日本語初級1大地」(スリーエーネットワーク)18課の文型1~2(P118)
について、導入・練習・活動の教案を作成して、ご提出ください。
※教案の様式は自由です。
※て形は既習、た形は初出としてお考えください。
※テキストをお持ちでない方は当協会までご相談ください。
※メール、FAX、郵送で受け付けますが、いずれの場合も1月15日(月)必着です。

◆講師選考会
日時:2018年1月23日(火)午後、または1月24日(水)午後
場所:公益財団法人宮城県国際化協会 交流ラウンジ
選考方法:ご提出の教案を基にした模擬授業
・「導入」と「練習」で30分程度の模擬授業を行ってください。
※模擬授業は制限時間が来たら終了となります。制限時間内に「練習」まで終わらせなければならないというものではありません。
・MIA日本語講座スーパーバイザー、当協会職員(計3~4名)が「外国人学習者」
役を務めます。
・日本語のみで授業を進めてください。
・応募者全員が模擬授業を行います。
備考:本件は選考のための模擬授業ですので、他の応募者の授業を見ることはできません。選考結果は後日、ご連絡します。

要項はこちら

PDF

----------------------------


「日本語学習支援ネットワーク会議2017 in 仙台~多様な背景を持つ人と共に地域で生きるということ~」参加者募集


「日本語学習支援ネットワーク会議」は、東北各地の日本語学習支援活動を中心とした多文化社会に関する情報交流を目的として2005年度から開催されています。13回目の今年は「多様な背景を持つ人と共に地域で生きるということ」をテーマに、さまざまな文化背景を持った人たちが暮らす地域社会の現状や、私たち一人一人の関わりについて考えます。ご関心のある方は、どなたでもご参加いただけます。

日時
2017年12月10日(日) 10:00-16:00

場所
東北大学川内北キャンパス
(仙台市地下鉄東西線 川内駅:直結、国際センター駅:西1出口より徒歩約5分)

プログラム
【午前】10:00~12:00
◎分科会1 「社会を支える多様な人材の今」 <講義棟C棟1階 C102>
近年、宮城県における定住外国人の状況は大きく変化しており、それに対応した共生の地域づくりを進めることが求められています。日本語学校の留学生、中小企業等で働く技能実習生を取り巻く現状についての報告をもとに、よりよい多文化社会のあり方について考えます。
・発題1:日本語学校で学ぶ留学生の現状(仙台観光国際協会 堀野正浩)
・発題2:技能実習生と地域との関わり(宮城県国際化協会 大泉貴広)
 進行:松岡洋子(岩手大学)

◎分科会2 「子どもをとりまく支援の広がり」 <講義棟C棟1階 C105>
外国につながる子どもを支援するには、多様な立場の人が関わっていくことが必要です。学校と地域が連携して子どもと保護者を支えた事例、中学校卒業以上で来日した子どもたちの支援の事例から、今後の連携のあり方を模索します。
・発題1:地域で支える(中野栄小学校区学校支援地域本部 郷家勤)
・発題2:中学卒業後に来日した子どもを支える(外国人の子ども・サポートの会 田所希衣子)
 進行:市瀬智紀(宮城教育大学)

(休憩 ※キャンパス内の食堂「川内の杜ダイニング」が営業しておりますが、昼食をご持参いただくことをお勧めします。)

【午後】13:00~16:00  ※「子どもの日本語教育研究会」との共催によるプログラムです
◎パネルディスカッション「外国につながる子どもと家族が地域で生きるということ」 <講義棟C棟2階 C200>
外国につながる子どもと家族が地域で生活していく際にどのような支援が求められているのでしょうか。言語やアイデンティティ、子どもの母語継承の問題、保護者の地域社会における自己実現などについての事例報告を受け、来場者とともにディスカッションします。
 司会:市瀬智紀(宮城教育大学) 
 パネリスト:「二重言語で育つこと」 森野カロリナ(外国人の子ども・サポートの会)
        「母語継承の意義」 李王寧(仙台中国文化交流協会)
        「地域社会での自己実現」 裘哲一(宮城華僑華人女性聯誼会)
 ディスカッサント:高畑幸(静岡県立大学)

参加費
無料

お申し込み
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 HP「イベント申込み」よりWebにてお申込みください。
https://www.ihe.tohoku.ac.jp/
◎Web申込み不可の場合は、お名前、ご住所(市町村名まで)、電話番号、メールアドレス、ご所属、参加希望プログラム(午前:分科会1または分科会2、午後:パネルディスカッション)をお知らせのうえ、下記連絡先までお申込みください。
◎連絡・お問合せ
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 言語・文化教育センター 副島 健作
 E-mail: kensaku@m.tohoku.ac.jp
 Tel & Fax: 022-795-7967
◎お申込み締め切り
11月30日(木) ※空きがある場合は、当日のご参加も可能です。

主催:日本語学習支援ネットワーク会議2017in仙台実行委員会、子どもの日本語教育研究会(午後のプログラム)
共催:東北大学 高度教養教育・学生支援機構、岩手大学グローバル教育センター、
   (公財)宮城県国際化協会、 (公財)仙台観光国際協会
後援:(公社)日本語教育学会、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会


※チラシ(PDFファイル)はこちらから。
PDF


----------------------------



介護事業者向けセミナー「外国人とともに拓く介護の未来」参加者募集中

 介護人材の慢性的な不足が叫ばれる現在、EPA介護福祉士候補者、技能実習生、留学生、定住外国人など外国人人材への期待が高まっています。今後ますますその存在感を増していく外国人介護人材について学ぶセミナーです。
 介護事業者を主な対象としていますが、ご関心のある方どなたでもご参加いただけます。

日時:2017年11月22日(水)13:00~16:30
   ※12:30受付開始

場所:TKPガーデンシティ仙台ホール21C・D
   仙台市青葉区中央1-3-1 AERビル21階

参加費:無料(要申込み、定員180名)

内容
◆基礎講座「外国人介護人材に関する基礎知識」
◆基調講演「これからの海外人材活用の展望と課題」
(社福)青森社会福祉振興団 特別養護老人ホームみちのく荘 施設長 中山 辰巳氏

◆パネルディスカッション「外国人とともに拓く介護の未来」
・(医)社団晃和会  常務理事 佐藤 貴之氏
・(社福)キングス・ガーデン宮城  事務長 佐藤 由美子氏
・(社福)恵泉会特別養護老人ホーム迫風園  介護福祉士(中国出身) 村上 永花氏
・(社福)青森社会福祉振興団 特別養護老人ホームみちのく荘  施設長 中山 辰巳氏

申込み・問合せ
公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)
TEL:022-275-3796
FAX:022-272-5063
Email:mail@mia-miyagi.jp


※チラシ(PDFファイル)はこちらから。

PDF

----------------------------



<終了しました。ご参加ありがとうございました。>

平成29年度地域国際化ステップアップセミナー in TOHOKU
ソーシャルビジネスを地域ブランドに、復興とSDGs
~地元の強みを活かした持続可能なまちづくりと国際協力の輪~
SDG 11: Sustainable cities and communities

 昨今、NGO/NPOや企業などマルチステークホルダーが協力しビジネスの手法を活用して取り組む、地域課題を解決するコミュニティビジネス(CB)/地域課題に加えて社会全般や国際問題までを含む社会全般の課題解決事業であるソーシャルビジネス(SB)が全国で注目されています。
 
 2015 年に150を超える加盟国首脳の参加のもと国連本部で採択された、『2030アジェンダ 持続可能な開発目標(SDGs)』〔注1〕のゴール11では「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」と定められており、住み続けられる持続可能なまちづくりの構築は世界共通の課題であると言えます。

 本セミナーでは、復興/地域活性化と国際社会の課題解決を共に考え、地域のブランド化促進を目指す機会とします。


【日 時】 平成29年9月22日 (金) 13:30~17:30 (受付開始13:00~)
【会 場】 エル・ソーラ仙台 28階 大研修室
      (〒980-6128 仙台市青葉区中央1丁目3-1アエル 28階・29階)
      アクセス:http://www.sendai-l.jp/whats_ls/
【主 催】 (一財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
【共 催】 (独)国際協力機構 東北支部(JICA東北)
      (公財)宮城県国際化協会(MIA)
【後 援】 宮城県、仙台市、(公財)仙台観光国際協会(SenTIA)
      (特活)国際協力NGOセンター(JANIC)   
【企画・運営協力】 (特活)せんだい・みやぎNPOセンター
【対 象】 自治体・地域国際化協会・NGO/ NPO 関係者等 50 名(※先着順)

【プログラム】
 開会: (一財)自治体国際化協会 (13:30-13:40)

【第一部】 (13:40-14:20)
 ●特別ゲスト講演「ミガキイチゴ インドプロジェクト」
  講師: GRAグループ 新規事業兼海外事業リーダー 渡辺 周氏
 ●事例発表: (14:30-15:30)
   ・宮城県丸森町「ザンビアとまるもりまちの技術協力から、地域づくり」
    講師:耕野振興会 石塚 武夫氏
   ・島根県邑南町 「地域発信の国際協力を目指して~邑南町モデル」
    講師:一般社団法人コミュニティパートナーズ理事
       /NPO 法人ピースウインズ・ジャパン 職員 束村 康文氏
   ・佐賀県「ふるさと納税を活用したCSOとの連携・協働による持続可能な社会づくり」
    講師:公益財団法人佐賀未来創造基金 副理事長 横尾 隆登氏

【第二部】
 ●パネルディスカッション (15:45-17:20)
  ファシリテーター:(特活)せんだい・みやぎNPOセンター 青木ユカリ氏

 閉会: (独)国際協力機構 東北支部(JICA東北)  (17:20-17:30)
 ※セミナー終了後、懇親会を別会場に予定しています。(実費3500円程度)

■申込方法
下記URLより申込フォームへ入力ください
http://bit.ly/2v5gWtc

※申込フォームでお申込が出来ない場合は、以下を記載の上、下記メールアドレスあてにお申し込みください。
・件名【9/22仙台セミナー申込】 
・お名前(ふりがな)
・ご所属、役職名
・ご連絡先(TEL、E-mail)
・懇親会参加の有無

<詳細はこちらから>
http://www.plaza-clair.jp/information/event170922.html

■申込・問い合せ先
(一財)自治体国際化協会 市民国際プラザ  担当:渡邉
TEL:03-5213-1734 FAX:03-5213-1740
E-mail:international_cooperation@plaza-clair.jp
(申込締切:50名定員。定員となり次第受付終了)


----------------------------


「MIA日本語講座(第2期)」受講者募集

コース
クラス  曜日 時間 期間  テキスト  受講料  定員 
初級1
初級2

~金
10:00~
12:00
10月10日(火)
~2月8日(木)
「日本語初級1大地」
「日本語初級2大地」
24,000円
※テキスト代は別
初級1・2
各20人
中級 火・
13:00~
15:00
10月10日(火)
~2月6日(火)
「中級へ行こう 日本語の文型と表現55」 12,000円
※テキスト代は別
20人
漢字1,
漢字2
13:00~
15:00
10月13日(金)
~2月23日(金)
「使って覚える楽しい漢字1」
「使って覚える楽しい漢字2」
7,200円
※テキスト代は別
漢字1・2
各20人
夜間初級1, 夜間初級2 18:30~
20:30
10月10日(火)
~3月6日(火)
「日本語初級1大地」
「日本語初級2大地」
12,000円
※テキスト代は別
初級1・2
各15人

場所
宮城県国際化協会

対象
日本語を勉強したい外国の方や帰国者など

申込み
事前の申込みが必要です。宮城県国際化協会(MIA)に、電話かFAXかメールで名前、国籍、住所、電話番号、希望コースをお知らせください。先着順で受け付けます。定員を超えたときは、受講できないこともあります。

その他
・この講座は、ビザ(査証)の許可は受けることはできません。
・託児サービスはありません。
・駐車場はありません。
・住んでいた家が今回の震災で被災し、大きな被害を受けた方について、受講料を免除します。詳細はMIAにお問い合わせください。

お問合せ・お申込み
宮城県国際化協会(MIA)
TEL:022(275)3796
E-mail: mail@mia-miyagi.jp


PDF   PDF     PDF     PDF
チラシ(日本語版) チラシ(中国語版)  チラシ(韓国語版) チラシ(英語版)
PDF
チラシ(ベトナム語版)


--------------------


※終了しました。ご参加ありがとうございました。

「外国人の子ども・サポートの会 2017年度第1回公開研修会」・「MIA外国籍の子どもサポーター スキルアップ研修会」参加者募集
<教科の日本語を学ぶ生徒のための英語教材と使い方>

来日して中学校に編入した生徒は、日本語でのコミュニケーション力がつくとともに、教科学習にかかわる日本語を学び始めます。限られた時間内では教科学習を通して日本語力をつけていく場合もあります。
午前の部では、教科学習を支えるための初級後期の日本語学習教材をとりあげ、内容を確認します。午後の部では、英語学習用教材「英語ワーク」の作成者である講師に、教材作成の経緯、作成に至るまでの思い、および教材の特徴、使い方について話していただきます。また、支援者がどのような工夫をすると、生徒にとってよりわかりやすく、使いやすいかを考えます。


■日時
2017年8月9日(水)10:00~16:30(9:30 受付開始)

■場所
仙台国際センター 会議棟 1階 交流コーナー 研修室

■講師
矢嶋ルツ先生
(大阪市帰国した子どもの教育センター校・大阪市立阿倍野中学校 教諭)

■対象
外国人の子どもの日本語・教科学習のサポートに現在携わっている人、関心のある人、どなたでもご参加ください。
■参加費
500円

■主催
外国人の子ども・サポートの会、公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)

■問い合わせ・申し込み先
・宮城県国際化協会(MIA)
E-mail: mail@mia-miyagi.jp
FAX: 022-272-5063
・外国人の子ども・サポートの会(田所)
E-mail: jets@sda.att.ne.jp, tadokoro12@yahoo.co.jp
FAX: 022-375-5639

PDF
チラシ・申し込み書(PDF)



----------------------------


「みやぎのふるさとふれあい事業」参加者募集


 みやぎのふるさとふれあい事業に参加する外国人を募集しています。今年は4つの市町で開催します。詳しくは、以下のチラシで確認してください。

PDF
チラシ(PDF)


PDF
申込書(PDF)


----------------------------

※終了しました。ご参加ありがとうございました。
「多文化家族のための子どもの学校生活について学ぶ会2017大崎」参加者募集
外国につながる子どもの保護者のために、日本の学校生活について学ぶ会を開きます。
「日本の小学校・中学校ってどんなところ?」「親は何をしたらいいの?」「高校に入るにはどうすればいいの?」「お金はどのくらいかかるの?」そんな質問に、学校の先生や「先輩」保護者がお答えします。


■日時
2017年8月5日(土) 13:00~15:00(受付12:30~)

■会場
大崎市図書館 研修室3
(大崎市古川駅前大通4-2-1)

■対象
小学生、中学生、親、教師、サポートする人、関心のある人

■参加費
無料

■内容
日本の学校生活や高校進学についての説明、先輩の体験談、親の体験談、相談タイム

■通訳
中国語、韓国語、英語、タガログ語、スペイン語
(その他の言語も対応できる場合がありますので、申込用紙に書いてください。)

■主催
日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス実行委員会

■共催
大崎市教育委員会、宮城県国際化協会(MIA)

■申し込み
問い合わせ・参加申し込み先
宮城県国際化協会(MIA):
TEL:022-275-3796 FAX:022-272-5063 E-mail: mail@mia-miyagi.jp
※申し込み書はFAXかE-mailで送ってください


PDF
チラシ・申し込み書(PDF)



----------------------------

※終了しました。ご参加ありがとうございました。
「日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス 2017 宮城」参加者募集
日本語を母語としない親子のために、ガイダンス(説明会と相談会)をします。
「日本の高校ってどんなところ?」「入学するにはどうすればいいの?」「県立高校、私立高校ってどう違うの?」「お金(費用)はどのくらいかかるの?」そんな質問に、高校に進んだ先輩や、学校の先生たちがお答えします。お父さん、お母さんも、どうぞいっしょにいらしてください。


■日時
2017年7月22日(土)13:00から16:30(受付12:30~)

■会場
仙台国際センター1F 交流コーナー 研修室
(仙台市青葉区青葉山)

■対象
小学生、中学生、親、教師、サポートする人、関心のある人

■参加費 
無料

■内容 
高校進学についての説明、先輩の体験談、親の体験談、相談タイム

■通訳 
中国語、韓国語、英語、スペイン語、タガログ語
(そのほかの言語も対応できる場合がありますので、申込用紙に書いてください)

■主催
日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス実行委員会

■共催
宮城県国際化協会(MIA)、仙台観光国際協会(SenTIA)

■申し込み
問い合わせ・参加申し込み先
宮城県国際化協会(MIA):
TEL:022-275-3796 FAX:022-272-5063 E-mail: mail@mia-miyagi.jp
※申し込み書はFAXかE-mailで送ってください


PDF
チラシ・申し込み書(PDF)



----------------------------

※終了しました。ご参加ありがとうございました。
新規登録者募集中
JET-Care通訳サポーター登録時研修会

 県内の教育機関で英語指導助手/ALTとして活躍する英語を母語とする青年たちは、日本政府(文科省、外務省、総務省の連携)招致のJET-ALTと民間会社斡旋の通称Non JET-ALTに大別されます。
 本事業では、政府招致のJET-ALTたちのために、慣れない日本での生活を少しでもスムーズに送ることができるよう通訳サポーターを整備し、教育委員会などの任用団体からの依頼に応じて宮城県国際化協会を介し活動(費用弁償)していただくことで、JET-ALTたちと地域との繋がりを深めることに寄与し、ひいては世界各国に一人でも多くの宮城理解者を育てることを目的とするものです。


■日時
平成29年7月12日(水)13:30~15:30

■会場
MIA宮城県国際化協会 研修室

■内容
1)JETプログラムの制度概要・運用ガイドライン説明
2)「体験談…地域で支える・運転免許センターで支える」
菅原みゆきさん(H27年度JET-Care通訳登録者)
小竹佐知子さん(H28年度JET-Care通訳登録者)
3)講話《私のALT体験…契約更新したくなる環境とは?》
講師 ジョナサン・スティマーさん(ニューヨーク出身、元秋田県ALT、現東北大学理学研究科在籍) 
4)英語面接

■お問合せ・参加申込み先
公益財団法人宮城県国際化協会【事業部門 大村】
☎022-275-3796 E-mail mail@mia-miyagi.jp

■申込み締切
平成29年7月10日(月) 正午
PDF
チラシ(PDF)



----------------------------

※終了しました。ご参加ありがとうございました。
「MIA日本語サポーター 技能実習生サポートのためのスキルアップ講座」参加者募集
アジア各国から来日し、製造業や建設業など各種産業の貴重な担い手となっている「外国人技能実習生」。宮城県内にも約3,000人の技能実習生が暮らしています。この講座は、技能実習生の日本語学習や、地域とのつながりづくりをお手伝いするサポーターとして活動するのに役立つ知識と情報を共有するために開催するものです。

■日時
第1回:2017年7月15日(土) 13:30~16:45
第2回:2017年7月29日(土) 13:30~16:45

■場所
第1回:仙台市戦災復興記念館 4階第2会議室(仙台市青葉区大町2-12-1)
第2回:仙台市戦災復興記念館 4階第4会議室
※2回連続でのご受講をお願いします

■内容
第1回
・技能実習生の受入れの現状
・技能実習生のサポートの実際
・技能実習生の出身国について①~インドネシアの生活習慣と言葉~

第2回
・わかりやすい日本語で話す工夫
・日本語学習の教材あれこれ
・「日本語能力試験」について
・技能実習生の出身国について②~ベトナムの生活習慣と言葉~

■対象
この講座の内容に関心があり、「MIA日本語サポーター」(※)に既に登録している方、またはこれから登録して活動することに関心がある方。
※「MIA日本語サポーター」とは?
県内に暮らす外国人を対象に、原則としてマンツーマンで日本語学習のお手伝いをするボランティアのことです。未登録の方は、この講座修了後に登録してもらい、ご都合のつく範囲で、技能実習生をはじめとした外国人の日本語学習等をサポートしてもらうことになります。

■定員
30名

■参加費
無料(要お申込み)

■主催
宮城県国際化協会(MIA)

■お問合せ・お申込み
宮城県国際化協会(MIA)
TEL:022-275-3796 FAX:022-272-5063
メール:mail@mia-miyagi.jp
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスをお知らせください。

PDF
チラシ(PDF)

※この事業は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施されています。


------------------------------

地域日本語教室向けの漢字学習用テキスト『使って覚える 楽しい漢字1・2』について

『使って覚える楽しい漢字』は、MIA日本語講座で使用する初級漢字教材として同講座の講師陣が中心となって編集したものです。ご希望の方には、1部500円で頒布しております。
詳しくは、広報用チラシ(PDF)をご覧ください


PDF
『使って覚える楽しい漢字』チラシ(pdf)





公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)