公益財団法人 宮城県国際化協会 | MIYAGI INTERNATIONAL ASSOCIATION

その他の情報Multicultural Coexistence

MIA国際理解教育支援事業

MIAでは地域における国際理解教育の推進を目的として、宮城県在住の外国人講師とオンラインで交流できるプログラムを提供しています。

Q MIAが応援する『国際理解教育』とは?
A 私たちが暮らす宮城県には世界約130の国と地域から約2万3千人の人々が暮らしています。
その数は、宮城県総人口の約1%にあたり、年々増加しています。宮城県国際化協会(MIA)では、多文化共生社会の実現に向けてさまざまな事業に取り組んでいますが、同時に多文化共生社会を担う人材の育成にも力を入れています。地域の国際化の現状も視野に入れた「リアリティのある国際理解教育」、これが私たちMIAが提案し、応援する国際理解教育です。
Q 『MIA国際理解教育支援事業』って何?
小中高の児童生徒や生涯教育団体などを対象に、MIA登録の外国人講師との交流の機会をオンラインで提供するプログラムです。プログラム時間は、1~2時間です。
Q 何人の外国人講師と交流できるの?
A 原則として、オンラインプログラムA案の場合は1~3人まで、オンラインプログラムB案では2人の講師をご紹介いたします。
Q MIA登録の外国人講師ってどんな人たち?
A アジア、ヨーロッパ、中南米、アフリカなどの様々な国・地域の出身者で、留学生のみならず、宮城県の国際交流員(CIR)、国際結婚の方、ビジネスをしている方などバラエティに富んだメンバーです。日本語が流暢なだけではなく、子どもたちとの交流が大好きな講師ばかりです。

※なお、講師の人選は極力ご希望に添った形で行いますが、場合によってはご希望に添えないこともありますのでご了承ください。

Q 予算はどれくらい必要?
A 講師1名につき3,000円をご負担いただきます。
Q 申し込みから実施までの流れは?
A 「申込書」先着順に40ヵ所程度の実施を予定しております。(なお、実施日程については、場合により調整させていただくこともありますのでご了承ください。)
お申し込みは次の手順でお願いします。

申し込み方法
実施希望日の2ヵ月前までに、申込書をE-mail、FAXまたは郵送願います。
申込書ダウンロード(Word)
※2ヶ月をきりますと、講師の派遣ができない場合がございますので、お早めにお申し込みください。
講師の紹介
約1か月前までに、MIAから派遣外国人のプロフィールと「プログラム予定表」を申込み団体あてにお送りします。 「プログラム予定表」に必要事項を記入後、MIAあてに返送してください。 「プログラム予定表」の内容は、MIAから紹介する外国人講師に知らせます。
接続テスト
プログラムの実施前に、通信環境の確認のため、ZOOM接続テストを行います。当日のプログラムがスムーズに運ぶよう、できるだけ本番と同様の環境でのテストをお願いします
実施当日
オンラインでのプログラムとなりますので、MIA事務所内の講師と会場をZOOMで繋ぎます。当日は、通信状況の確認、簡単なZOOMの操作等ご協力をお願いします。
負担金の支払い
講師1名につき3,000円をご負担いただきます。請求書に基づき、指定の口座にお振込みください。                                                           ※請求書は通常「負担金」として「学校長(法人・団体の長)」あてに発行します。これ以外(例「謝金」として「市町村長」あてなど)での発行を希望される場合は、事前にお申し出ください。
アンケートの提出
お送りするアンケート用紙にご記入のうえ、MIAあてに送付願います。

※事業紹介のパンフレットを
ダウンロードすることができます
国際理解教育支援事業(PDF)

※2021年5月20日に実施した説明会の資料です。実際のプログラム事例などもご覧いただけます。
オンライン説明会資料(PDF)

TOP